東栄住宅 耐震等級

無料!ハウスメーカーや工務店の支払総額や間取りプランがもらえます。
複数会社の間取りがもらえるので、参考になりますよ♪

東栄住宅の耐震等級について

素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものですがこれから自分のマイホームを建てるとなると、この耐震性を無視するわけにもいきません。一般的にも、建築業界でも、家の耐震性というのが、とても注目をあびています。

 

 

 

こういった中で、一般の人にもわかりやすい、ただ、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

具体的にみていくと、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められている簡易な検討方法で検討すれば良いことになってますので、

 

 

これをクリアするというのは、比較的容易ですが、等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいきません。ふつうの2階建てのマイホームであっても「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。

 

 

こういった基準については、全ての家のホームページなどに載せられている者ではありません。ただ、たとえば、東栄住宅などについても、家の機能性といったところについては、記載があります。竣工時の品質をずっと維持できるように。世代を越えて住み継げるように。すべての家で、国が推進する「長期優良住宅」の認定を受けている、といった感じです。

 

 

なので、こういったものを確認したうえで、より詳しい耐震性能などについては、営業の人などに聞いてみることがベストだといえます。耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。、これを知っておくのは、マイホームを建てるにあたっても、損はないポイントになってきます。

 

 

注文住宅であれば、耐震等級をあげるというような相談も可能でしょう。ただ、その場合にはコストもだいぶかかってくる可能性がありますので、そのあたりは要相談となってきます。