東栄住宅 坪単価

無料!ハウスメーカーや工務店の支払総額や間取りプランがもらえます。
複数会社の間取りがもらえるので、参考になりますよ♪

マイホームを建てるにあたって、たくさんのハウジングメーカーの中から1つを選ばないといけません。どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、こういったときの比較の目安となるのが坪単価です。

 

 

実際、はじめてのマイホームづくりとなると、どうしても大手のハウジングメーカーに目がいってしまう、というのもあるのではないでしょうか。全国展開をしているハウジングメーカーや、知名度の高いハウジングメーカーを先に検討しがちです。たとえば、セキスイハイムや三井といった大手のハウジングメーカーというようなところです。

 

 

でも、そこで決めてしまう前に、もっと中規模のハウジングメーカーや、地方に特化したようなハウジングメーカーも検討してみるというのも、賢い選択だといえるでしょう。
たとえば、東栄住宅ですが、ここも、関東メインとはなるものの注文住宅で、手の届く価格帯の商品を提供しているハウジングメーカーとなってきます。

 

 

もともと、業務内容としては、「戸建住宅分譲事業」「マンション分譲事業」「土地分譲事業」というのがありますが、最近では注文住宅についても、手がけています。

 

分譲住宅については、特に坪単価が抑えられています。また、注文住宅でも、SYUKURAというシリーズがあり、これだと、さまざまなバリエーションから、
自分の好みのものを選べるようになっています。

 

 

それでいて、坪単価も、安いものだと、40万円台、というような記載例もあるようです。ただ、最初に出てくる単価が、40万程度だったとしても、実際に最終的に払った単価は坪単価50万円ぐらいとなる場合もあります。

 

 

これは、最初の見積もりの単価というのは、本当に最低限度の施工内容によるもので、そのあとの外部の給排水・電気工事だったり、オプションについての費用などを足すと、もっと上がってくる可能性があるからです。

 

 

そういった点も含めて、価格や単価については、事前に確認をすることが大切だといえます。

 

 

その他のハウスメーカーの注文住宅の坪単価は、注文住宅の価格で、確認してみて下さい。

続きを読む≫ 2014/12/06 14:38:06

素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものですがこれから自分のマイホームを建てるとなると、この耐震性を無視するわけにもいきません。一般的にも、建築業界でも、家の耐震性というのが、とても注目をあびています。

 

 

 

こういった中で、一般の人にもわかりやすい、ただ、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

具体的にみていくと、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められている簡易な検討方法で検討すれば良いことになってますので、

 

 

これをクリアするというのは、比較的容易ですが、等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいきません。ふつうの2階建てのマイホームであっても「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。

 

 

こういった基準については、全ての家のホームページなどに載せられている者ではありません。ただ、たとえば、東栄住宅などについても、家の機能性といったところについては、記載があります。竣工時の品質をずっと維持できるように。世代を越えて住み継げるように。すべての家で、国が推進する「長期優良住宅」の認定を受けている、といった感じです。

 

 

なので、こういったものを確認したうえで、より詳しい耐震性能などについては、営業の人などに聞いてみることがベストだといえます。耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。、これを知っておくのは、マイホームを建てるにあたっても、損はないポイントになってきます。

 

 

注文住宅であれば、耐震等級をあげるというような相談も可能でしょう。ただ、その場合にはコストもだいぶかかってくる可能性がありますので、そのあたりは要相談となってきます。

続きを読む≫ 2014/12/06 14:35:06

マイホームを建てるにあたって、どうやって選べばいいか、どこのハウジングメーカーにすればよいか、と迷ってしまいます。夢のマイホームを建てるわけですから、家の内容もそうですが、ハウジングメーカーの評判といったものについても、慎重になってきます。

 

 

実際にそこで家をたてた人の評判がいいかどうか、というのも気になります。いろいろなハウジングメーカーのホームページはありますが、そこに載っているものだけだと、どれもよく書かれているということもありますし、また写真もきれいなものばかりですので、実感的なところがわからないという気持ちもありますので、

 

 

こういったときには、インターネットなどで、口コミや評判というのを見てみるのも、参考になるものです。口コミなどを見て、中規模のハウジングメーカーや、地方に特化したようなハウジングメーカーも検討してみるというのも、賢い選択だといえるでしょう。

 

 

こういったなかで、東栄住宅の評判というのを見てみたいと思います。インターネットなどに記載のある評判などだと、営業さんの対応がよかった、というようなものが見られます。

 

 

特に注文住宅であれば、営業さんの対応というのが、かなり重要なポイントとなってくるでしょう。素人の希望を、いかにマイホームに実現してくれるか、というのは、営業さんの力量にかかっているといっても過言ではないでしょう。こういった点で、営業さんの対応がよかったという口コミのある東栄住宅は、注文住宅の評判としてみても、よいといっていいのではないかと思います。

 

 

また、アフターケアについては、評判がよかったり、悪かったりというようで、その対応によって評判が違ってきているようです。

 

 

ただ、全体としてみると、何より、注文住宅としての価格の低さというところには評判がありますので、そういった対応の足りなさも、目をつぶるところが必要かもしれません。

 

 

実際、広告費にかけるぶんの費用を価格に反映して価格を抑えたりというところでの価格の低さは、評判のよさの理由といってよいでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/06 14:33:06

マイホームを建てるにあたって、たくさんのハウジングメーカーの中から1つを選ばないといけません。どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、夢のマイホームを建てるわけですから、慎重になってきます。こういった中で気になってくるのが、やはり口コミではないかな、と思います。

 

 

東栄住宅の評判というのも、口コミなどで見てみることができます。こういった口コミというのは、実際いろいろなものがあります。いいものだけではなく悪いものもありますが、こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

 

 

東栄住宅の口コミで、良く目についてしまうのが、営業さんが悪かった、というところです。対応や態度が悪かった、というようなものもあれば、アフターについては業者まかせだったというようなものもあります。

 

 

ただ、反対に、営業さんの対応がよかった、というようなコメントもなくは有りませんので、そのあたりは、営業者さんや、地域によるところもあるといえるでしょう。また、アフターケアについては、評判がよかったり、悪かったりというようで、その対応によって評判が違ってきていることが見て取れます。

 

 

こういったところは、インターネット上の口コミというのが、とても便利な情報源になってきます。ただ、こういったものは、実際いろいろなものがあります。いいものだけではなく悪いものもありますが、良い意見よりも悪い意見の方が、多いようにも見受けられます。

 

 

ただ、実際、口コミというのは、悪い思いをした人の方が載せる確率は高いというのが、一般的ではないかなとも思います。こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

 

 

金額面では、かなり抑えた価格となっているので、よいコメントもありますが、東栄住宅の場合には、そういった低価格を、期間限定キャンペーンでの実現したという場合もあります。なので、口コミによる金額や値下げについての情報は、いつの時点によるものか、というのも、きちんと確認しましょう。

続きを読む≫ 2014/12/06 14:30:06